an image


かなり稼いでいる職業としてよく言われるのが、医師や弁護士ではないでしょうか。

実際に平均年収がどれくらいになるのかは非常に気になるところですよね。

実はかなりバラつきがある職業でもあるので、一言でいくらくらいと言うことは難しいです。

ですが一般的なデータを見ると、1,000万円以下という人が大半となっています。

更に細かく言うと、700万円~800万円という人が多いようです。

ご存知の人も多いと思いますが、弁護士になるにはかなりの苦労が伴います。

法律を理解し、ケースによってその法律を使いこなす力が必要とされます。

ただ単に頭が良ければ弁護士になれるというわけではありません。

司法試験に合格することももちろん難しいことですし、時間もかかります。

その道のりや、実際に弁護士として活躍するまでにかかる費用を考えると、平均年収が高くないと合わないという話にもなります。

ほとんどの弁護士の平均年収が1,000万円以下という話をしましたが、もちろんそれ以上稼いでいるという人も多いです。

中には5,000万円を超えるという人もいるので、努力次第ではかなり高収入が望める仕事だと言えるのではないでしょうか。

実際に弁護士のお世話になったことがある人でないと分かりづらいと思いますが、様々な名目が報酬となります。

着手金・成功報酬金・手数料・時間制報酬などです。

経験を積んだ実績のある弁護士のほうが、各名目の料金を高く設定出来るので、平均年収は高額となることが多いようです。
AX