an image


公務員の平均年収が高いというのは有名な話ですよね。

サラリーマンの人も、チャンスがあれば公務員への転職を考えているという人も多いようです。

地方公務員と国家公務員がありますが、一般的には地方公務員のほうが平均年収が高く、700万円弱となるようです。

国家公務員となると600万円弱です。

これはあくまで平均なので、1,000万円を超えている人もたくさんいます。

これだけ考えても、公務員が人気の職業であるというのも頷けます。

とにかく公務員であれば何でもいいと考える子供が増えてきているのも仕方がない気がしますね。

給与だけで700万円前後になるというのは珍しい話ではなく、一般的な仕事をしている人からすれば驚きではありますが、公務員の中ではそれくらいが平均年収とされています。

更にはこれに賞与がつくわけですが、退職金は下がってきている傾向にあるようですね。

中でも特に高いのが、警察官・高等学校教員・税務署職員だと言われています。

もちろんこの中でも差はありますが、出来るだけ高い平均年収の職種に就きたいと考えている場合は検討してみてはどうでしょうか。

一般的なサラリーマンの平均年収が430万円前後であることを考えると、公務員はかなり高い水準にあると言えるのではないでしょうか。

また、サラリーマンの年収が下がる一方であるのに対して、公務員の場合は横ばいを保っています。

増えているということはそれほど多くないようですが、あまり経済の影響を受けない職種ということでも人気があります。
AX