an image

平均年収の推移についてご紹介します。

サラリーマンの人の推移を基準にして考えてみると、ピークだったのが平成9年のことで、それからはずっと落ちてきている傾向にあります。

現在では、ピーク時に比べて30万円前後の差があるとされているので、日本全体の平均年収も落ちている傾向にあると言えるでしょう。

もちろん、落ちた人もいれば上がった人もいます。

企業で考えても、売り上げがアップしているというところは多いでしょう。

平均年収に拘って仕事を探そうと思っている人は、その職種が現在伸びているかどうかを考えることも重要です。

一時期は需要が多かった職種でも、現在は減員に踏み切っているものもたくさんあります。

何か資格の取得を考えている場合も、平均年収を知るということはどの資格取得を考えるかという基準になるのではないでしょうか。

上場企業であれば、推移が確認出来るサイトがあります。

無料で利用することが出来るので、有名な企業への就職を考えている場合は、まずデータを確認してみてはどうでしょうか。

平均年収が下降しているから危ないというわけではありませんが、上昇しているところもたくさんあるので、平均年収に拘って職場を探したいという場合は目安として考えましょう。

ただ下降している上昇しているというだけでなく、その差を知っておくことも大切です。

毎年5万円前後の下降・上昇であればさほど大きな違いはありませんが、これが100万円以上になると注意してデータを集めたほうがいいと言えるでしょう。

前の記事