an image

平均年収の推移についてご紹介します。

サラリーマンの人の推移を基準にして考えてみると、ピークだったのが平成9年のことで、それからはずっと落ちてきている傾向にあります。

現在では、ピーク時に比べて30万円前後の差があるとされているので、日本全体の平均年収も落ちている傾向にあると言えるでしょう。

もちろん、落ちた人もいれば上がった人もいます。

企業で考えても、売り上げがアップしているというところは多いでしょう。

平均年収に拘って仕事を探そうと思っている人は、その職種が現在伸びているかどうかを考えることも重要です。

一時期は需要が多かった職種でも、現在は減員に踏み切っているものもたくさんあります。

何か資格の取得を考えている場合も、平均年収を知るということはどの資格取得を考えるかという基準になるのではないでしょうか。

上場企業であれば、推移が確認出来るサイトがあります。

無料で利用することが出来るので、有名な企業への就職を考えている場合は、まずデータを確認してみてはどうでしょうか。

平均年収が下降しているから危ないというわけではありませんが、上昇しているところもたくさんあるので、平均年収に拘って職場を探したいという場合は目安として考えましょう。

ただ下降している上昇しているというだけでなく、その差を知っておくことも大切です。

毎年5万円前後の下降・上昇であればさほど大きな違いはありませんが、これが100万円以上になると注意してデータを集めたほうがいいと言えるでしょう。



安心安全で美味しい水を飲むには



いつでも安心安全で美味しい水を飲む、これは簡単なことのようで難しいものがあります。水道の蛇口から出る水が、必ずしもこの条件を満たしてくれるとは限りません。確実にこの条件を満たすのであれば、ウォーターサーバーが適しています。ウォーターサーバーとは、安心安全で美味しい水を専門の業者から宅配してもらい、その水を容器に蓄えて冷水や熱水を給水する装置のことです。専門の業者に依頼することから幾分費用は嵩みますが、確実に安心安全で美味しい水を安定的に確保できるのです。
おすすめウォーターサーバー比較





弁護士の平均年収



かなり稼いでいる職業としてよく言われるのが、医師や弁護士ではないでしょうか。

実際に平均年収がどれくらいになるのかは非常に気になるところですよね。

実はかなりバラつきがある職業でもあるので、一言でいくらくらいと言うことは難しいです。

ですが一般的なデータを見ると、1,000万円以下という人が大半となっています。

更に細かく言うと、700万円~800万円という人が多いようです。

ご存知の人も多いと思いますが、弁護士になるにはかなりの苦労が伴います。

法律を理解し、ケースによってその法律を使いこなす力が必要とされます。

ただ単に頭が良ければ弁護士になれるというわけではありません。

司法試験に合格することももちろん難しいことですし、時間もかかります。

その道のりや、実際に弁護士として活躍するまでにかかる費用を考えると、平均年収が高くないと合わないという話にもなります。

ほとんどの弁護士の平均年収が1,000万円以下という話をしましたが、もちろんそれ以上稼いでいるという人も多いです。

中には5,000万円を超えるという人もいるので、努力次第ではかなり高収入が望める仕事だと言えるのではないでしょうか。

実際に弁護士のお世話になったことがある人でないと分かりづらいと思いますが、様々な名目が報酬となります。

着手金・成功報酬金・手数料・時間制報酬などです。

経験を積んだ実績のある弁護士のほうが、各名目の料金を高く設定出来るので、平均年収は高額となることが多いようです。





獣医師の平均年収



ペットが好きな人の中には、獣医師を目指しているという人もいると思います。

その場合気になるのは平均年収ですよね。

医師はとても高いということで有名ですが、獣医師の平均年収はどうなのでしょうか。

一般的には500万円~600万円の間だと言われています。

ですが、動物病院の求人情報などを確認すると月収が20万円前後というものが多いので、500万円~600万円に届いている人は実際にはとても少ないのではないかと考えることも出来ます。

もちろん、入院設備があるのか、対応出来るペットの種類はどれくらいなのかによっても収入に差が出ます。

平均的な時給から考えても2,000円は越すということが多いようです。

人間の病気や怪我を扱うのとはまた違った知識が必要になるということもあり、獣医師になるには獣医師専門の知識を身に付ける必要があります。

ただ動物が好きだという理由だけでは獣医師になることが出来ないくらい、勉強しなければならないことは多いようです。

また一人で一通りの動物の診察が出来るようになるまでには長い期間がかかるとされていて、その間の平均年収はとても低いと言われています。

また、人間を診る医師の労働時間が長すぎることが問題となっていますが、獣医の場合も同じことが言えるようで、特に入院設備がある動物病院だと、10時間を軽く超える労働時間になってしまうこともあるようです。

ですが、平均年収は人間を診る医師に比べると格段に低くなってしまうので、獣医師を目指している人はそのことも頭に入れておきましょう。





医師の平均年収



医師の平均年収は、想像するだけでも何となく分かりますがかなり高額です。

女性は医者との結婚が夢だとする人も多いように、潤った生活を送れる可能性が高いと言えます。

一般的な勤務医の場合、月給は80万円~100万円だと言われています。

つまり、ほとんどの場合は平均年収が1,000万円を超える計算になるわけです。

開業医ともなると更に高くなる場合が多く、月収にすると250万円前後になることも珍しくありません。

ただ、軌道に乗るまではどうしても費用がかかり、更に機械の導入もあるので、開業医を目指す場合は最初に資金の心配をしなければなりません。

それでもサラリーマンの平均年収が430万円前後ということを考えると、かなりの高収入であると言えるでしょう。

通常の月収だけでなく、年間で貰える賞与も100万円前後という場合が多いようです。

ただ、医師になるまでにかかる費用も莫大ですよね。

確かに医師になれば高収入が期待出来ますが、勉強をするにも多額の費用が必要になるので、元からお金がない人は目指すことも難しくなってしまいます。

また、実際に医師になったあとも常に最新の技術や情報を学ばなければならず、医師として活動する限り勉強しなければならないことは尽きません。

平均年収が高いのは大きなメリットではありますが、勤務医が不足していて労働時間の非常に長い医師もいるということが問題になっています。

平均年収が低くなってもいいから休みがもっと欲しいという医師も多いようです。





公務員の平均年収



公務員の平均年収が高いというのは有名な話ですよね。

サラリーマンの人も、チャンスがあれば公務員への転職を考えているという人も多いようです。

地方公務員と国家公務員がありますが、一般的には地方公務員のほうが平均年収が高く、700万円弱となるようです。

国家公務員となると600万円弱です。

これはあくまで平均なので、1,000万円を超えている人もたくさんいます。

これだけ考えても、公務員が人気の職業であるというのも頷けます。

とにかく公務員であれば何でもいいと考える子供が増えてきているのも仕方がない気がしますね。

給与だけで700万円前後になるというのは珍しい話ではなく、一般的な仕事をしている人からすれば驚きではありますが、公務員の中ではそれくらいが平均年収とされています。

更にはこれに賞与がつくわけですが、退職金は下がってきている傾向にあるようですね。

中でも特に高いのが、警察官・高等学校教員・税務署職員だと言われています。

もちろんこの中でも差はありますが、出来るだけ高い平均年収の職種に就きたいと考えている場合は検討してみてはどうでしょうか。

一般的なサラリーマンの平均年収が430万円前後であることを考えると、公務員はかなり高い水準にあると言えるのではないでしょうか。

また、サラリーマンの年収が下がる一方であるのに対して、公務員の場合は横ばいを保っています。

増えているということはそれほど多くないようですが、あまり経済の影響を受けない職種ということでも人気があります。





サラリーマンの平均年収



2005年の国税庁のデータでは、サラリーマンの平均年収は436万円となっています。

もちろん、年齢や勤続年数によっても大きな差があるので、全てのサラリーマンがこれくらい貰っているというわけではありません。

実は、サラリーマンの平均年収は1997年をピークとしてそれからずっと減っています。

男性の場合、50~54歳が一番平均年収が高くなる時期として知られていますが、これもサラリーマンの人を基準にして取られたデータです。

一般的には45~55歳の頃が一番高くなるようで、金額は600~700万円です。

サラリーマンの人でも「そんなに貰っていない」という人は多いはずです。

よくテレビなどでもサラリーマンの平均年収を例にした場合、「700万円」という数字が使われますが、これは月給の他に賞与2回が含まれた額としてモデルケースにされています。

これは手取りの額ではないので勘違いしないようにしましょう。

近年は、ただ会社にいればそれなりの額が約束されるというよりも、業績や貢献度によって大きく差が出る会社が増えてきているようです。

月給ではそれほど変わらなくても、賞与に大きな差が出るところが増えているので、同じ企業内・同じ年齢でも賞与によって収入も変わります。

全年齢のサラリーマンを対象にして平均年収を算出すると430万円前後になるようです。

最も稼いでいる年代になると、男性は女性の倍近くの収入になるというデータがあります。

役職につけるかどうかというのも大きなポイントとなります。

転職で大きく年収を伸ばす方もいらっしゃいますが、しっかりした転職エージェントに対応してもらうのがベストですね。自分だけではどうしても情報が少なくなってしまいますから。

前の記事